【人狼ジャッジメント】確認済みのチートと対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事はチートのやり方を教えるものではありません
また不正を推奨するものでもありません。
チートを見分けられるプレイヤーが多いほうが、試合が円滑になると判断して、この記事を書いています。
ゲームに不利益を与えると判断した場合すぐにこの記事を削除いたします。

なんか最近チート増えてきてね?

チートについての記事が無かったため急いで書いた。
新たなチートが見つかるたびにこの記事を更新していくつもりである。

あと老婆心で運営のために、チートの対策方法も書いておいた。

老婆心とは・・・年とった女性が、度を越してあれこれと気を遣うこと。転じて、必要以上に世話をやこうとする自分の気持ちを、へりくだっていう語。

goo辞書

キャラクター変更チート

本来使えないはずキャラクターを使えるようにするチート。
GM、消されたはずのコラボキャラ、買っていないSP等を使用する。

個人的にはコラボキャラのデータが残っていることに驚いた。

対策方法

コラボキャラ禁止設定を復活させれば、GMはともかく不正なコラボキャラは排除できるのでは?

※かつて部屋の設定でコラボキャラを出禁にすることができた。

言葉づかいフリー

全国対戦では使えないはずの「言葉づかい:フリー」を使ってくる。
何を言っても伏字にならない。
フィルタでチート部屋を探しやすくなるという利点もある。
(言葉づかい:フリーフィルタで部屋を簡単に見つけられるようなる。)

対策は次の部屋人数変更チートと同様なため省略。

部屋人数変更チート

部屋の人数を21人以上にするチート。
99人まで確認済み。

想定された人数でないため、ルールマッチング率はマイナスになる。
(これによりルールマッチング率は足し算ではなく引き算で計算していることが判明)

ルールマッチング率とは、マイルールと他の部屋の一致率を測定する指標である。
これが高い部屋が上に表示される。
ルールマッチングがマイナスのチート部屋は当然一番下。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

対策方法

言葉づかいフィルタ(フリー)の廃止。

部屋人数チート最大の弱点はルールマッチング率が低く、部屋が埋もれてしまうことである。
その弱点を言葉づかい設定をフリーにし、探しやすくすることで克服している。
ならば今度は、対策の対策でフィルターでフリーを選べないようにすればいいのだ。
完全な対策にはならないが、部屋が一番下に出るため困ること間違いなし!

そもそも言葉づかいフィルタでフリーが選べるのってなんでなんだ。
チート使わない限りフリーの部屋なんて出せないのに。

役職上限突破チート

本来役職は4人以上配置できない。それをチートで人数の上限を突破してくる。一人しかいれられない独裁者や強欲な人狼も二人以上入れられるらしい。

現在の筆者には対策方法が思いつかない。

オウム返しチート

他の人の発言をそのままオウム返しするBOT。

例:誰かが「こんちゃああああ」と言ったら「こんちゃああああ」と返す。

ログをすごい速度で流してきて迷惑。
全員のログをコピーされると単純にログの流れる速度が二倍になるのだ。

対策方法

試合開始前なら発言ブロックでOK。
ガチ部屋での目撃情報は今のところないため、特に慌てる必要はない。
ガチ部屋を荒さないのは、奴のポリシーなのだろうか。

かつては禁止用語をオウム返しさせることで、5回伏字を踏ませ追い出すことができた。
現在は対策済み。
(禁止用語だけ繰り返さなかったり、伏字回避をしてくるプログラムが登場。)

ユザネ特定チート

ユーザーネームを特定するチート。
上のオウム返しと組み合わせて使ってくる。

例:ユーザーネームがアーカイブのアカウントで「こんにちは」と発言すると、「こんにちは(アーカイブ)」と返してくる。

対策方法

日頃から、バレても恥ずかしくないユーザーネームを使おう。

このゲームそもそもユーザーネーム必要だろうか?

全員突然死チート

自分以外のプレイヤーを突然死させるチート。
突然死のあと500秒のカウントがスタート。この間は全員部屋から抜けることができない。
時短も不可能。

ここまでのチーターは試合の内容に干渉してこなかったが、このチーターは試合内容に影響を与えてくる。

対策方法

500秒のカウント中、アプリを落とすことで部屋から抜けることができる(らしい)。
直接会ったことがないので保証はできないが。

このチーターは、通報されたその日にアカウント停止された。

早すぎてびっくり。

あとがき

読者のみなさんは不正行為に手を染めないように!

チートが増える度に更新します。

この記事を楽しんでくれた人にはこちらもオススメ!↓

タイトルとURLをコピーしました